税理士だから知っている 必殺!節税のテクニック

社長あなたの税金の悩みにビシッと答える節税のノウハウ集!
これで税金の悩みは… すっきりしましょう!!
| main | 出張が多い会社で使える必殺節税テクニック >>

節税は納税者の権利ではなく義務!(プロローグ)

税理士という仕事をやっていますと、経営者の方々から税金に対する不満をよく伺います。 


「何でお金がないのに、納税しなあかんねん」


確かに、経営者の方々の不満はよく分かります。


しかし、法治国家である日本で営業をするためには、【しょば代=税金】 を支払わなければなりません。


・ 安心して物流できるための道路、橋、港湾などの建設

・ 未来の日本を支える子供たちのための教育

・ 治安維持のための警察

・ 争いごとを調停するための裁判所

 などなど

国家を運営するためには、コストがかかります。


上手に節税し、発生した税金は、きっちり【納税=コストの負担】をする。

納税することで、国家・社会に貢献する。

納税しつつもあなた自身(個人の家庭と会社)も守る。


さらに安定した企業経営をすることで、雇用の場を提供し、商品・サービスを提供し続けることで社会に貢献するのです。


とはいっても会社を経営していく中で、資金的に苦しくなることがあります。


業績が良い時は、「融資させてください!」と言っていた銀行も、業績が悪くなり、資金繰りに苦しみだすと手のひらを返したように、【融資】に応じてくれないことがあります。



そんな時、会社を守るのは、助けられるのは誰でしょうか?

経営者しかいません!だから、
節税は、納税者の権利ではなく義務! となるのです。

会社のお金と個人のお金を上手に残すために【上手な節税】を実施して、戦略的に行動しなければいけません。税務署もあなた自身が節税できるように、いくつかの方法を準備してくれています。


そのほか、金融商品を活用したり、ちょっとした工夫したりすることで、上手に節税することが可能です!

そのためにも、経営者自身が節税の知識を知っておきましょう!

節税は、いくつかの分類ができます。


税金対策なら日新税理士事務所

ここで一番大切なことは、単純に税金を支払いたくないから、

節税するということは、会社をダメにする可能性が高い! ということです。


例えば、節税前の法人所得が、1000万円あるからと言って、

不要な高級車(ベンツ・BMW・フェラーリーなど)を購入される方がいます。

また、絵画や不要な高級応接セット、無駄な接待交際をされる方々がいます。


しかし、購入金額(現金の支出額)の全てが経費になりません。


税金対策なら日新税理士事務所


これが、
【勘定合って銭足らず】の原因になります。

いわゆる【黒字倒産】の原因です。


せっかく本業で節税前に500万円もの所得があったのに、下手な節税をしたために、【黒字倒産】となるのです。


『一円も納税したくない』という考えで、税金の知識もなく下手な節税をやってしまうと【黒字倒産】になってしまう恐れがあるんです。


そこで、日新税理士事務所のホームページに訪問して頂いたあなたには、賢い節税=上手な節税をして頂きあなた自身のためにも、日本のためにも貢献して頂きたいんです。


『上手に節税』をしつつ、会社の体質(利益や財務面)を良くしていくためには、戦略が必要となります。


さぁ〜あなたの会社にあった方法を選んで、賢く節税していきましょう!


さぁ〜 あなたも『上手な節税』をするできる経営者になるために

必殺50手をうまく活用してください。


くれぐれも『下手な節税』『脱税』だけは、しないようにお願いします。


脱税について


経営者の中には、手っ取り早く納税額を減らすために、売上の除外や架空経費の計上など脱税に走る人がいます。


確かに、一時的には納税を免れることができるでしょう。

しかし、税務署が本気で調査すれば必ず発見されます。


映画「マルサの女」を見た方ならご理解頂けますよね。

税務署の情報収集能力は、決してあなどれません。


また、【納税の義務】は、憲法に規定されている国民の三大義務です。

だから、脱税は、憲法義務違反であり、犯罪となり、社会的な制裁が用意されています。

● 簡易な行政処分
税金対策なら日新税理士事務所
ちょっとした金融屋さん並みのキツイ金利です。

● 脱税犯(悪質な場合)

 5年以下の懲役もしくは500万円または脱税額以下の罰金に処せられる(刑法


だから脱税はリスクが高く、発見されやすい脱法行為なんです。

賢明なあなたは、脱税ではなく、『節税』を心がけましょう!


なお、平成18年9月30日現在の法令に基づいております。

節税ノウハウ | permalink | - | -