税理士だから知っている 必殺!節税のテクニック

社長あなたの税金の悩みにビシッと答える節税のノウハウ集!
これで税金の悩みは… すっきりしましょう!!
<< お客さまの集めることでできる【必殺 節税テクニック その8】 | main | 期末に急激に売上が上がる会社で使える【必殺 節税テクニック その10】 >>

値下がりしたゴルフ会員権を利用する【必殺 節税テクニック その9】

値下がりしたゴルフ会員権を利用する【必殺 節税テクニック その9】


桐元税理士 「小林社長は、本当にゴルフが上手ですよね〜 
       上手くなる秘訣を教えてください。」

小林社長  「秘訣は、とにかく練習と何度もラウンドすることやな。
       今度一緒にまわろうか?」

桐元税理士 「ありがとうございます。ぜひご一緒させてください。
       ところで、社長が持っていらっしゃるゴルフ会員権ですが、
       利用されていないものもありますよね?」

小林社長 「そうやな〜 会社で3つと個人で2つ持っているな。」

桐元税理士 「そのうち利用しておらず、含み損のある会員権を
       売却すると節税できますよ。 
       早速、リストを作ります。 売却候補を選びましょう!」

ということでリストを作って売却することになった「ゴルフ会員権」
なぜ、節税することができるのか?

【メリット】

ゴルフ会員権の含み損(購入価格より時価が下がっている部分)を
売却することで、損失が発生するからです。

さらに個人の場合、売却損と役員報酬を【損益通算】できます。
確定申告することで、所得税を減らすことができます。

さぁ あなたもゴルフ会員権を売却して【上手な節税】をやりましょう!

《注意事項》

この記事に関する各種法律・法令は、平成18年9月30日現在のものに
基づいております。
会社ごとの事情を考慮するために、顧問税理士に相談してから実行してください。
不利益に関する損害の補償は、致しかねます。



相談できる税理士がいない方は、こちらへどうぞ!

 ⇒ 日新税理士事務所 無料相談室

 節税ノウハウ抜群の日新税理士事務所
節税ノウハウ | permalink | - | -